<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

貴賓

私がよく聴いているJ-waveで番組を担当され、食通でも知られる小山薫堂さんがお勧めされている「貴賓」
2009年度産を予約していたものが今日届きました~♪
d0070243_8454993.jpg
愛媛県真穴地区で生産者・園地を限定して栽培された温州みかんは「果皮、果肉が際立って柔らかく、糖度、酸度のバランスが絶妙な果肉が一杯!」とHPに書いてあります060.gif

d0070243_846114.jpg
みかん一つひとつが薄紙のお座布団に鎮座して並んで入っています@@まるで、おみかんさま・・・

ひとつお味見を011.gif
皮は薄く柔らかく、果肉はとても甘く程よい酸味を感じます
薄皮も口中に残らずにすうっと溶けるように頂けて・・・くぅ~~~おいしい(○^~^)

1箱14個入りのものを2箱お願いしましたが、こちらの「特選」は贈答用にすると喜ばれると思います
普段家庭でいただくなら「摘みたて」という商品が良いかもしれないですね


たかがみかん、されどみかん・・・「貴賓」あなどれませんっ!!


残りのおみかんさまも家族で大切に味わいたいと思います053.gif
[PR]
by apricot_peach | 2009-11-20 17:30 | 日々のこと

ボジョレ・ヌーボー

今日はボジョレ・ヌーボーの解禁日♪
今年の葡萄は1959年以来の素晴らしい出来で、50年に一度の当たり年なのだそう053.gif

我が家は例年と同じく成城石井で予約しておいたワインで乾杯~
ノンフィルターでお味が濃いのが特徴034.gifここ数年こちらの銘柄をお願いしています♪
d0070243_0112270.jpg

こちらのワイン、今年は青葉台店では大人気で、私の予約が最後の1本でした@@
ですから、今日はお店に並んでいませんでした
(明日以降になると他店から廻ってくるかもしれません)


今晩はボジョレ・ヌーボーに合うお料理を作ります♪
*いろいろ野菜とバーニャカウダ
*サーモンのクリームパスタ
*若鶏もも肉のソテー・マスタードソース ベビーリーフ添え

簡単で美味しくボリューミーなお献立
フラワーアレンジとテーブルセッティングは整いましたから、これからお料理を始めます♪
d0070243_19215475.jpg



それでは、皆さまも素敵な夜をお過ごしくださいね069.gif
[PR]
by apricot_peach | 2009-11-19 19:22 | 日々のこと

京味

以前からずっと行きたいと思っていた京割烹のお店・・・・・数多の食通をうならせ、作家や政財界にもファンが多いという「京味」に10月の下旬に念願叶って行って参りました♪
d0070243_1965272.jpg

「京味」のことは1年以上前から知っていましたが、夜しか営業されていず、敷居が高いお店というイメージがあり、訪れるチャンスがありませんでした

しかし、今年2月にNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組で、店主の西 健一郎さんの料理に対する厳しさとひたむきさを目にして、非常に興味がかきたてられ・・・
夜でもいいから一度「京味」へ訪れたい、という思いがどんどん募り「松茸」の時期にぜひとも伺いたいと思ってお電話を入れてみると(その時は7月でした)

「夜は初めてのお客様はお断りさせていただいております」との答え
「お昼もされているのですか?お昼でしたら一見さんでもよろしいでしょうか?」と訊ねると「お昼でしたらお席は取れます」

ということで、3ヶ月先・10月下旬のお昼に予約をお願いする運びとなりました

お昼しかお席が取れなかったとがっかりしましたが、よくよくお聞きすると、お昼のお献立と料金は夜のそれと同じなのです016.gif

お料理を心ゆくまで堪能したかった為お写真はありません
お献立と感想など、記憶が薄れないうちに書き留めておこうと思います(画像のお品書きは、若いお弟子さんに特別に書いていただいたもの)
d0070243_1917288.jpg

京町屋のような佇まいの「京味」
暖簾をくぐり引き戸を開けて店内に入ると、清潔な白木のカウンターが目に入ります
9席を有するカウンターの内側では西さんをはじめ、8人ほどの料理人が出迎えてくれます

その日はお一人キャンセルが出たということで、お客は私たちを含め8人でしたから、お客と料理人の数が同じ・・・贅沢な空間です♪

私たちが到着後、若いお弟子さんが夫の椅子をテーブル側に押していると、カウンターの向こうにいらした西さんが直ぐにこちらにいらして「これではテーブルと椅子の間が狭すぎて、窮屈だわ」と言って自ら椅子位置の調整をしてくださいました
初めてのお客の緊張を解きほぐす西さんの優しい配慮ですね♬♪

[お献立]
*一品目「海鼠腸(このわた)飯蒸し」
一口サイズのおこわの上に、海鼠腸の塩辛が載っています
熱々のおこわに程よい塩加減の海鼠腸・・・おいしい・・・お酒飲みには嬉しい一品
(この日は私の運転でしたから、夫は冷酒をお願いしていました♪)

*二品目・前菜「柿なます・むかご・くわい煎餅・笹鰈・このこ」
赤く紅葉した柿の葉が美しく添えられた一皿に5種類の美味しいが載っています
柿なますはお酢がほんの少し加えてあるのでさっぱりといただけます
「このこ」とは「くちこ」とも呼ばれる、なまこの卵巣
天日干しにしたものを軽く炙ってあり、こちらもお酒のおつまみに最高の友です
初めていただきましたが香ばしくておいしい!
くわい煎餅はくわいをスライスしてチップスにしたものですが、楽しいお料理です

*三品目・小鉢「焼き松茸」
笠の開いた大きな松茸を目の前でさくっと割って炭火で炙ったものが供されます
松茸は直ぐに口に持っていかず、まずはお皿を持ち上げて香りを楽しみます
酢橘を搾って一切れ口に含むと、ふくよかな香りがお口いぱいに広がって鼻腔を貫き、みずみずしい食感にうっとりとしてしまいます♡゜+。:*(*´∀`)*:。+゜♡ 
今年は丹波の松茸は9月の初めに少し出て、その後さっぱりと出て来ず、私達が訪れる前日からまた入荷し始めたとのこと!
秋の味覚の王様=西さんの故郷・丹波の松茸を十二分に味わうことができて本当に幸運でございました♪

*四品目「雲丹茄子田楽」
熱々のお茄子の上に田楽味噌に見立てた生雲丹が載っています
こちらもシンプルですが、非常に美味!

*五品目・揚げ物「鮑 銀杏」
スライスした鮑にごくごく薄い衣を纏わせてさっと揚げてあります
お塩加減も絶妙で、銀杏と共に大変美味しくあっという間に頂いてしまいました

*六品目・向附「鯛 鰹」
瀬戸内の天然鯛のお刺身と鰹のお刺身
鯛はもちろん身が引き締まり甘みがあり言うことはありませんが、鰹がとても新鮮なのでまったく臭みを感じません
今まで食した鰹の中で最も美味しいと思える鰹でした!!

*七品目・吸物「鱧松茸鍋」
これを目当てに訪れたと云っても過言ではない鱧と松茸の小鍋仕立て♪
丹波産の松茸(開き)をざく切りにし、鱧の骨と鰹と昆布で引いたお出汁をたっぷりと注いだ小さな土鍋に入れてぐつぐつと沸騰させたところへ、脂の乗った秋鱧と水菜を加えさっと火通ししたものが熱々のまま供されます
今年は8月から何度も松茸をいただく機会がありましたが、今年一番!いえいえ、人生で一番!!!の松茸料理です
薄味ですが、しっかりとした強いお出汁に丹波産の松茸、鱧(韓国釜山産のものが最高とのこと)という贅沢極まりない組み合わせ♪くぅ~~~おいしい(○^~^)

お鍋を傾けつつ、添えてあるレンゲで残りのお出汁を掬っていたら、西さんの片腕と思しきお弟子さんがカウンター越しに両手でお鍋を持ち上げ、小鍋に残ったお出汁全てお猪口の中に注いでくれました
ちょっとしたことですが、さりげなく嬉しい気遣いです

*八品目・焼肴「まながつお味噌漬け」
(魚へんに昌と書いて’まながつお’と読むのですが、PCでは字が出てきません)
西京味噌に漬け込んだまながつおを炭火で焼いたものが供されます
こちらも、とても美味しいです!

*九品目「雲子塩焼き」
「雲子」とは鱈の白子です(見た目が雲のように見えるから雲子というのでしょうか)
炭火で焼き、塩をふりかけてあるシンプルなお料理ですが、まったりとしていて濃厚なお味!奥行きのある美味しさです!
自宅ではしっかりと湯通しして、もみじおろしとポン酢で頂くことが多かったのですが、素材が新鮮だと塩だけで十分に美味しくいただけるのですね♪

*十品目・焚合「蕪吹き寄せ」
まずは秋の彩りを演出する「もみじ」を描いた素晴らしい陶器のお椀を眺めて・・・
蓋を開けると、そこには見るだけでも心躍る美しさにあふれた世界が広がり、熱々の湯気と、芳香が漂っています
丸ごとの蕪を焚き、中心を少しくり抜いたところへ、賽の目切りにした松茸、鮑、伊勢海老がふんだんに入ったコクのあるお出汁(とろみがついています)をかけてあります
なんと贅沢な一品でしょう・・・お味は云うまでもなく、素晴らしいの一言に尽きます

ここで、何やら宅急便が届いた模様?!

「丹波から松茸が届きました」と、おっしゃって一つの箱を開けて見せてくれる西さん
そこには、大きな松茸が何本も収まっています
軸もしっかりとしていて、笠も開き、極上のお品だということは一目見ただけでも分かりますし、その香りのなんと力強いことでしょう!!

すると、西さんが、届いたばかりの松茸を若いお弟子さんに命じて炭火で焼かせています
そこに居合わせたお客全員に、「届いたばかりの丹波の松茸を味わってください」と、ひとり1/4切れほどに割いたもの(大きい!!)を酢橘とおしょうゆを少しかけて出してくださいました (〃▽〃)キャー♪
その松茸の芳醇な香りとみずみずしさは筆舌に尽くしがたいほど素晴らしく、しばらくはお口の中が松茸の香りで満たされていたほど(´∇`)♬♪  

小鉢で登場した焼き松茸も同じ丹波産ですからもちろん素晴らしかったのですが、やはり鮮度が違うと香りも食感も格段に違うのです!!

*十一品目・蒸物「ぐじ 栗蒸し」
茹でて裏ごしした丹波栗の上に若狭のぐじ(甘鯛)を載せて蒸し、わさびを溶いたアンをかけた蒸し物
ぐじの塩味と丹波栗の甘みがそれぞれを引き立たせています
豊かな自然の持ち味を楽しむことができました♪

*十二品目・御飯と香の物
「松茸御飯」丹波の松茸たっぷりの贅沢な松茸御飯
お味付けが私には少し濃かったですが、具材は松茸だけという贅沢な御飯です

「鮭ハラス御飯」炭火で焼いた鮭ハラスの身と皮を分けて、身はほぐし、皮は細かく刻んで合わせたものを、炊きたての白い御飯に載せてあります
脂の乗ったハラスの美味しさと皮の香ばしさがお口の中で絶妙に混じり合い・・・美味しい!!!

私はそれぞれの御飯を1膳ずつ
夫はさらに松茸御飯をおかわりしていました011.gif

*十三品目・水物「葛切り」
カウンターの中で、大鍋に湯を張り、何枚も何枚も型(ステンレスのトレイ)で拵えているものがあり「それは一体何ですか?」と、お聞きすると「葛切り」を作っているとのこと
西さん自らが客の目の前で作られる葛切りは太めに切られ、柔らかく・・・
椀に入って添えられているすっきりとして上品な甘さの黒蜜を合わせていただくと本当に美味053.gif
この葛切り目当てで通ってしまいたい!と思うほど、絶品の葛切りです!!!


お弟子さん達の動きを鋭い目で見守る西さんですが、自らもお味のチェックをしたり、、私たちお客と話をしたり、気持ちの良い空気が流れています
西さんの存在が厨房を引き締めると同時に、その存在があるからこそ店内は非常に心地よく温かな雰囲気で包まれているのです

京都の有名料理人だった父親から厳しく指導された西さん
お食事をしながら西さんのお話を伺っていると度々お父様のエピソードが登場します
「本当に厳しく、まるで鬼のようだった」と父親を語る西さんの言葉の端々には、息子が父に対して抱く反抗心だけでなく、畏怖と尊敬の入り混じる複雑な心情を感じました


葛切りを頂いている時分、カウンターの内部ではベテランのお弟子さんが大きな魚卵に塩を振っていました
私が「それはボラの卵でしょうか?からすみを作っているのですか?」と、お聞きすると、お正月のお節料理用のからすみを仕込んでいるとのこと

200本ものからすみの仕込みをしているのだそう@@手間のかかる作業です

からすみの話をしていたら、西さんが既に出来上がった状態のからすみを見せてくださいました
そして「食べてみてください」と、からすみのスライスをお客全員に・・・
「お・おいしい~~~」
正直、からすみを美味しいと思ったことはなかった私
イタリアンでボッタルガ(からすみ)パスタ等を習っても、これだけは作るのをパス!というほどのものだったのですσ(^◇^;)  

ですが、「京味」のからすみはソフトで香りも良く、品のあるお味!
手間を惜しまない仕事は如実に現れるものなのですね^0^


西さんがお話された中で「四季折々の旬の素材を一番美味しいようにお出しして、また食べたいと思ってもらう   毎日毎日、それだけを考えて精進してます」という言葉が特に印象に残っています


秋の味覚を存分に満喫することができ、しみじみと「日本人に生まれて良かった」と思い、
では、次は冬の味覚を♪と、予約を試みましたが・・・年内は満席とのことで、1月の某日に予約を入れさせていただきました060.gif


冬は蟹や河豚などの美味しい食材がありますから、次の来訪もとても楽しみです+。:♡(*´∀`)♡:。+


お食事が終わって外へ出ると、「西さん個人の名刺」を渡して下さり、帰る際には深々とお辞儀をして、私たちの姿が見えなくなるまで見送ってくださいました(振り返るとまだ見送っていて下さるのです)

夫も大満足の「京味」
美味しいお料理と西さんのお人柄、心地良い空間の全てにに惹かれ、季節ごとに通いたいお店となりました016.gif




 
[PR]
by apricot_peach | 2009-11-18 20:00 | お外ごはん&お外でお茶

年賀状

10月の初めに日本郵便にお願いしていた年賀状が今日届きました001.gif
d0070243_20422777.jpg

今年は写真用インクジェット年賀状とインクジェット年賀状(どちらもディズニー仕様)の両方でお願いしてみました♪
いつもは郵便局まで買いに出向くのですが、今年は届けていただいた上に特製のお塩まで頂きました!

もちろん、写真用は私関係の方々へ037.gif

今年もあと60日足らずになってしまったのですね(((o≧ヮ≦)o

2009年を悔いのないように、ていねいに過ごしたいと思います♪
[PR]
by apricot_peach | 2009-11-02 20:46 | 日々のこと


大好きなバラやお花達、ナンタケットバスケット等のお稽古事、日々の出来事を綴っています♪


by 杏

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ファン申請および著作権について

”ファン申請”は私の親しい友人、もしくは現在交流のある知人のみに限らせて頂きます。
「ファン限定公開」として個人的な内容を載せておりますので、ご理解の程よろしくお願い致します。


♪2009年11月~2012年1月初旬までの記事はコチラでご覧下さい。


♪コメントは大歓迎です。
(現在は不定期に開けています)
ただ、不適切なものはこちらから削除させていただく場合がありますのでご了承ください。


*著作権法第17条及び第32条に基づき、このブログに掲載している画像及び文章を無断で引用することを禁じます。

カテゴリ

全体
可愛いLucy
薔薇とお庭、お花達
Happy days
Ferrari、車、馬のこと
Nantucket Basket
Bons Moments! 洋菓子教室
フラワーアレンジメント
お料理教室
その他のお稽古
Peach大好き!
お外ごはん&お外でお茶
日々のこと
Lovely&Cute
LE CREUSET
ご挨拶&お知らせ
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧